夢を叶えるペット最新の記事

帰化申請の審査官が思わず引いた私の趣味

帰化申請の申請は法務局でするのですが、先日面接がありました。そこで思わぬほうに話が脱線してしまい、外国人ながら日本文学専攻の私は、江戸川乱歩について多いに語ることとなったのです。私は江戸川乱歩が大好きで、短編は全て集めて読んだし、長編も一部好きなんですが、中でも一番好きな作品が「虫」なんです。

江戸川乱歩っていうと、虫じゃなくて、どうしても芋虫の方が有名ですよね。この芋虫は私の母国である中国でも有名なんです。芋虫は戦争で手足を亡くした夫と、それを介護する妻の歪んだ愛憎劇、といったところなんですが、そのショッキングな描写から、人気が高い作品です。でも、私の好きな「虫」の方は、人間嫌いの引きこもり男が、元同級生の女優に恋をして、殺すことで愛を成就させようとする話。一見乱歩の短編の中では、地味な内容です。でも、この作品、後半は完全に死体愛好者の話しなんです。いや、ドールマニアとも近い心理かな?自分の意のままにできて、決して自分を嫌わない死体人形に男は取り憑かれていき、やがて腐っていく死体をなんとか保とうと焦り、追い詰められていきます。その描写がすごく共感できちゃう(アブない?)んですよね。

帰化申請の面接官が同じ大学の文学部出身だったので、始めは夏目漱石について語っていましたが(笑)、最後はアブノーマルな世界へ。帰化申請の面接でこんな話をした人って過去にいないと笑われました。以上、「帰化申請のイロハ」でした。

夢を叶えるペットについて


| | |